レクリエーション財について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 レクリエーション財について、間違っているものはどれか。

ア、もともとパラリンピックは脊髄損傷者のスポーツ競技として始まり、今
  は視覚障害者や肢体不自由者も参加する大会となっている。

イ、積極的に身体を動かすことがレクリエーションであり、花を飾って楽し
  んだり手遊びをしたりすることはレクリエーションに含まれない。

ウ、自然や社会などについての学問や技術でも、それを楽しむ場合にはレク
  リエーション財ということができる。

エ、以前から持っていた趣味や特技がある場合は、それをレクリエーション
  として取り入れることで生活への意欲がわくことがある。


■ 解答 イ

■ 解説

ア、正しい。パラリンピックは脊髄損傷者のスポーツ競技として始まりまし
  たが、現在は視覚障害者や肢体不自由者も参加する大会となっています。

イ、間違い。レクリエーション財には運動だけでなく、趣味的なものや生活
  にゆとりを持たせるといった、楽しみのために行うものも含まれます。

ウ、正しい。自然や社会などについての学問や技術でも、それを楽しむ場合
  にはレクリエーション財ということができます。

エ、正しい。以前から持っていた趣味や特技がある場合は、それをレクリエ
  ーションとして取り入れることで生活への意欲がわくことがあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/336

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2013年2月22日 16:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケアマネジメントについて」です。

次のブログ記事は「レクリエーション援助について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。