集団援助技術の展開過程における援助者の役割について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 集団援助技術の展開過程における援助者の役割について間違って
     いるものを2つ選びなさい。

ア、作業期の援助活動の一つとして、グループの相互作用が活発化するよう
  援助することが挙げられる。

イ、開始期では、事前に一人一人のメンバーの状況やニーズを把握し、「波
  長合わせ」を行う。

ウ、準備期ではグループ活動の目的や条件に関して、メンバーと確認の話し
  合いをする「契約」の作業を行い、信頼関係を築く努力を行う。

エ、終結・移行期では、メンバーの複雑な感情を受け止め、次の新たなグル
  ープ経験へと移行できるよう援助する。


■ 解答 イ、ウ

■ 解説

ア、正しい。作業期の援助活動の一つとして、グループの相互作用が活発化
  するよう援助することが挙げられます。

イ、間違い。開始期は最初の会合からグループとして動き始めるまでの段階
  で、信頼関係の樹立に努め、グループ活動の目的や条件についてメンバ
  ーと確認の話し合いをする契約の作業を行います。

ウ、間違い。準備期とは、援助者が利用者とグループワークで接触する以前
  の準備段階です。事前に個々のメンバーの状況やニーズを把握し、波長
  合わせを行います。

エ、正しい。終結・移行期では、メンバーの複雑な感情を受け止め、次の新た
  なグループ経験へと移行できるよう援助します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/333

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2013年1月 4日 08:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「集団援助技術について」です。

次のブログ記事は「社会福祉援助技術について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。