集団援助技術について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 集団援助技術について、正しいものを2つ選びなさい。

ア、W.ニューステッターは、グループワークを最初に定義して、その発展
  に貢献した人物である。

イ、G.ウィリアムズは「ソーシャル・グループワーク-原理と実際」を
  書いた人物である。

ウ、H.トレッカーは、グループワークの起源の一つとされるYMCAを
  創設した人物である。

エ、G.コノプカはグループワークの14の原則を示したグループワーク
  の研究者である。


■ 解答 ア、エ

■ 解説

ア、正しい。W.ニューステッターは、グループワークを最初に定義して、
  その発展に貢献した人物として知られています。

イ、間違い。「ソーシャル・グループワーク-原理と実際」を著したのは、
  H.トレッカーで、彼はアメリカのソーシャル・グループワークの権威
  として知られています。

ウ、間違い。YMCA(キリスト教青年会)は、1844年にG.ウィリアムズ
  によって創設されました。

エ、正しい。G.コノプカはグループワークの14の原則を示したグループ
  ワークの研究者です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/332

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2012年12月12日 21:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「個別援助技術について」です。

次のブログ記事は「集団援助技術の展開過程における援助者の役割について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。