リハビリテーションについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 リハビリテーションについて、正しいものを2つ選べ

ア、スウェーデンでは1970代に自立生活(IL)運動が広まった。

イ、身体障害者福祉法は昭和24年に制定され、当時はリハビリテーション
  のことを「更正」と訳していた。

ウ、リハビリテーションは、時間を限定したプロセスである。

エ、国際生活機能分類(ICF)は、それまでの生活モデルから医学モデル
  への転換を果たした。


■ 解答 イ、ウ

■ 解説

ア、間違い。自立生活(IL)が始まったのは、カリフォルニア州のバーク
  レーで、1970代にアメリカ全土に広まっていきました。ちなみに自立
  生活運動とは、ノーマライゼーションの理念を実現する運動です。

イ、正しい。昭和24年に制定された身体障害者福祉法では、リハビリテー
  ションのことを「更正」と訳していました。

ウ、リハビリテーションは、時間を限定したプロセスです。

エ、間違い。ICF(国際生活機能分類)は、障害者の生活のあり方がどの
  ような要素によって形成されているかを重視したもので、これは従来の
  医学モデルに対して生活モデルと言われています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/328

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2012年11月 1日 09:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リハビリテーションについて」です。

次のブログ記事は「障害について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。