リハビリテーションの理念

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 リハビリテーションの理念で間違っているものを選びなさい。

ア、国際労働機関(ILO)によって、1955年に社会リハビリテーションに
  ついての定義が述べられた。

イ、リハビリテーションにおける基本的な関係は、主体になるのがリハビリ
  テーションを受ける側で、各専門分野のスタッフはその人が目指す生活
  水準を実現するために必要な支援を行っていくというものである。

ウ、残された能力を最大限に生かし、QOLの向上を目指すことがリハビリ
  テーションの目的である。

エ、身体的、精神的、社会的なすべての側面にかかる全人間的復権を目指す
  ことが、リハビリテーションの基本理念である。


■ 解答 ア

■ 解説

ア、間違い。1955年、国際労働機関(ILO)によって述べられたのは、
  職業リハビリテーションについてです。

イ、正しい。リハビリテーションにおける基本的な関係は、リハビリテー
  ションを受ける側が主体となり、その人が目指す生活水準を実現する
  ために必要な支援を各専門分野のスタッフが行うというものです。

ウ、正しい。残された能力を最大限に生かし、QOLの向上を目指すことが
  リハビリテーションの目的です。

エ、正しい。身体的、精神的、社会的なすべての側面にかかる全人間的復権
  を目指すことが、リハビリテーションの基本理念です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/326

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2012年10月 3日 08:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「支援費制度について」です。

次のブログ記事は「リハビリテーションについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。