2012年7月アーカイブ

■ 問題 障害者関連の法律についての記述で間違っているものはどれか。

A、児童の福祉についての基本法として児童福祉法があり、これは乳幼児期
  の障害の発生予防や早期発見対策に関しても規定している。

B、昭和24年に身体障害者を対象として日本で初めて制定された法律とし
  て、身体障害者福祉法がある。

C、精神保健福祉法では精神障害者の入院について詳細な規定を設け、当該
  精神障害者を必要以上に入院させないよう、人権に配慮した内容となっ
  ている。

D、昭和35年に制定された精神薄弱者福祉法が平成11年に名称変更され
  た法律が、知的障害者福祉法である。

■ 問題 老人ホームについて間違っているものを選びなさい。

A、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホームを設置する際の
  施設設備の費用負担割合は、国が1/2、都道府県が1/4、設置者が
  1/4となっている。

B、原則として軽費老人ホームの居室は、個室である。

C、養護老人ホームには、身体上または精神上の理由によって居宅で擁護を
  受けることが難しい人だけが入所できる

D、軽費老人ホームのうちケアハウスについては、公益法人、医療法人、
  農協などによる設置や運営が認められている。

mt:Ignore>

このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。