介護保険法について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 介護保険法について正しいものを選びなさい

ア、介護老人保健施設とは長期間の入院治療を必要とする患者に対して、
  施設サービス計画に基づいて必要な医療を行う施設のことを言う。

イ、介護保険における保険給付の方法は、現物給付に限られている。

ウ、被保険者となるには年齢の他に日本国籍を有していることが要件とな
  るため、在日外国人は被保険者になることはできない。

エ、介護保険の被保険者が給付を受けるには、受給要件を満たしているか
  どうかの要介護認定・要支援認定を受けなければならない。


■ 解答 エ

■ 解説

ア、間違い。介護老人保健施設とは病状が安定して入院治療は不要だが、
  リハビリテーションや看護、介護などが必要な要介護者を対象とした
  入所施設です。

イ、間違い。介護保険における保険給付の方法は、現物給付の他に償還払
  いというものがあります。

ウ、間違い。被保険者となるには年齢の他に日本国内に住所を有している
  ことが要件ですので、在日外国人でも被保険者になることは可能です。

エ、正しい。介護保険の被保険者が給付を受けるには、受給要件を満たし
  ているかどうかの要介護認定・要支援認定を受けなければなりません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/313

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2012年3月 7日 15:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「有料老人ホームについて」です。

次のブログ記事は「老人福祉法について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。