有料老人ホームについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 有料老人ホームについて、正しいものを2つ選びなさい

ア、住宅型有料老人ホームでは、介護が必要になった場合には契約を解除
  して退去する必要がある

イ、介護付有料老人ホームの場合、介護が必要になっても居室で生活し続
  けることができる。

ウ、要件を満たしていれば、有料老人ホームはどのようなものであっても
  経営することが可能である。

エ、有料老人ホームは老人福祉法に規定される老人福祉施設の一つである。


■ 解答 イ、ウ

■ 解説

ア、間違い。住宅型有料老人ホームは、介護が必要になった場合訪問介護
  などの介護サービスを利用しながら居室で生活することができます。
  契約を解除して退去しなければならないのは、健康型有料老人ホーム。

イ、正しい。介護付有料老人ホームの場合は、介護が必要になっても居室
  で生活し続けることができます。

ウ、正しい。要件を満たしていれば、有料老人ホームはどのようなもので
  あっても経営することができます。

エ、間違い。有料老人ホームは老人福祉法に規定される施設だが、民間に
  よるシルバーサービス事業であって、老人福祉施設ではない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/312

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2012年3月 1日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「老人福祉法について」です。

次のブログ記事は「介護保険法について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。