福祉専門職について

| コメント(0) | トラックバック(0)

ア、社会福祉士というのは社会福祉士および社会福祉士法に規定されている
  名称独占の任用資格である。

イ、法律により、児童相談所には児童福祉司の配置が義務づけられている。

ウ、社会福祉主事は、社会福祉士法に規定されている国家資格である。

エ、福祉事務所の現業を行う所員は、社会福祉士である必要がある。


■ 解答 イ

■ 解説

ア、間違い。社会福祉士というのは、社会福祉士法に規定されている名称
  独占の国家資格です。任用資格ではありません。

イ、正しい。児童相談所には児童福祉司の配置が義務づけられています。

ウ、間違い。社会福祉主事は、社会福祉士法に規定されていますが、国家
  資格ではなく任用資格です。

エ、間違い。福祉事務所の現業を行う所員は、社会福祉主事でなければな
  らないことが、社会福祉法によって規定されています。また福祉事務
  所には所長のほか、指導監督を置く所員(査察指導員)や事務を行う
  所員を置くことも義務づけられています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/306

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2011年12月 7日 22:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社会福祉法について」です。

次のブログ記事は「生活保護について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。