2011年10月アーカイブ

■ 問題 公的年金制度について、正しいものを選びなさい

ア、厚生年金の被保険者と被扶養配偶者は、それぞれ国民年金の第2号、
  第3号被保険者とされ、雇用主が国民年金の保険料分もまとめて厚生
  年金に納付する。

イ、公務員や教職員を対象とした共済年金、民間被用者を対象とした厚生
  年金制度が相次いで成立し、昭和41年に国民年金制度が成立したこ
  とで、国民皆年金体制が確立された。

ウ、国民年金・厚生年金とも年2回に分けて支給される。

エ、障害厚生年金は、障害基礎年金に該当する障害が生じた時にだけ支給
  されることになっている。

■ 問題 イギリスにおける19世紀の社会福祉で、間違っているものはどれか。

ア、C・ブースの貧困調査やS・ラウントリーの調査が、セツルメントの
  考え方の裏づけとして挙げることができる。

イ、1869年に、それまで無秩序に行われていた慈善活動の相互連帯や
  体系化を目的として、COS(慈善組織協会)が結成された。

ウ、初のセツルメント・ハウスであるトレンビー・ホールが、1884年
  にロンドンに設立された。

エ、COSでは援助対象者の均一化を図るため、貧困者の調査や記録を
  行った。

オ、大学教授や学生たちが、貧困は個人の無能力や怠惰が原因ではなく、
  社会に原因があるためだと考えたことにより、セツルメント運動が
  巻き起こった。

mt:Ignore>

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。