関節リウマチとその介護について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 関節リウマチとその介護について、間違っているものを選びなさい

ア、人工関節置換術が発達したことに伴い、関節リウマチも手術による運動
  機能の回復ができるようになってきた。

イ、関節リウマチはほとんど進行しないため、最初から大規模な住宅の改修
  を行っても支障はない。

ウ、関節リウマチでは昨日できたことが今日はできないということもある。

エ、痛みと関節変形が伴う関節リウマチでは、日常生活が大きく制約されて
  しまうが、自助具などを使用することである程度までは自立した生活を
  送ることができる。


■ 解答 イ

■ 解説

ア、正しい。関節リウマチの場合でも、人工関節置換術が発達したことに
  よって、手術による運動機能の回復ができるようになってきました。

イ、間違い。関節リウマチの症状は進行することが多いため、大掛かりに
  改修するよりも症状にあわせて少しずつ改修した方が便利に生活でき
  ます。

ウ、正しい。関節リウマチはその日の体調や季節、気候によって症状が変
  わるため、昨日できたことが今日はできないということもあります。

エ、正しい。関節リウマチでは、痛みや関節変形が伴うので、日常生活が
  大きく制約されてしまいます。しかし自助具などを使用することで、
  ある程度までは自立した生活を送ることができます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/300

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2011年9月 8日 18:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「脊髄損傷について」です。

次のブログ記事は「イギリスにおける19世紀の社会福祉」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。