視野障害について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 視野障害について、正しい組み合わせのものを選びなさい

A、両目で見て、左半分しか見えていない......異名半盲

B、両目で見て、右半分しか見えていない......交差半盲

C、両目で見て、左右または中心部見えていない......同名半盲

D、中心部は見えているが、周辺部が見えていない......求心性視野狭窄

E、中心部に続いて周辺部も見えなくなる......中心暗点


■ 解答 D

■ 解説

A、間違い。異名半盲は交差半盲の別称です。両目で見て、左右または中心
  部見えていない状態を言います。

B、間違い。交差半盲は、両目で見て左右または中心部見えていない状態を
  言います。

C、間違い。同名半盲は、両目で見て、右半分もしくは左半分しか見えてい
  ない状態です。立体感や遠近感がなくなるので、段差には注意が必要。

D、正しい。求心性視野狭窄は、中心部は見えているが周辺部が見えていな
  い状態を言います。周囲の状況が分かりにくいため、障害物に注意する
  必要があります。

E、間違い。中心暗点は、中心部は見えなくなるものの周辺部は見えている
  状態を言います。移動や歩行は比較的簡単に行えるが、色覚が低下する
  のでコントラストの高い居住環境が必要になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/297

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2011年8月 2日 15:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本の高齢化について」です。

次のブログ記事は「心臓機能障害について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。