心臓機能障害について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 心臓機能障害について、間違っているものを選びなさい。

ア、アダムストーク発作とは、心不全が進行して脳に十分な血液がいかなく
  なった時に失神してしまう症状のことを言う。

イ、心臓に負担をかけないためにも、入浴ではぬるま湯にした方がいい。

ウ、心臓機能障害者を介護する際には、できるだけ安静にしてもらうことを
  心がけ、発作を起こさないよう注意する必要がある。

エ、たとえペースメーカーを装着しても疾患そのものを治療したわけでは
  ないので、医師の診察を定期的に受けなければならない。


■ 解答 ウ

■ 解説

ア、正しい。アダムストーク発作とは、心不全が進行して脳に十分な血液が
  いかなくなった時に失神してしまう症状のことを言います。

イ、正しい。暑い湯での入浴は心臓に負担をかけます。そのため入浴では、
  ぬるま湯にするなど注意が必要です。

ウ、間違い。心臓発作を恐れて安静にしすぎると、筋力が低下したり静脈
  血流の停滞を招き、逆に症状を悪化させる危険があります。医師と相談
  し、残存機能を維持するための活動を援助する必要があります。

エ、正しい。ペースメーカーを装着しても疾患そのものを治療したわけでは
  ないので、医師の診察を定期的に受ける必要があります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/298

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2011年8月13日 08:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「視野障害について」です。

次のブログ記事は「脊髄損傷について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。