日本の高齢化について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 日本の高齢化について正しい内容ものを選びなさい

ア、2003年の人口構成の割合は、65歳以上が19.5%で年少人口
  を上回っている。

イ、2003年においては、老年人口が全ての都道府県で年少人口を
  上回っている。

ウ、日本の死亡率は平均寿命が延びてきたため減ってきている。

エ、2003年には、日本の平均寿命は男女とも80歳以上だ。

オ、老年人口全体の3割が、75歳以上の後期老年人口である。


■ 解答 ア

■ 解説

ア、正しい。65歳以上の老年人口は19.0%で、14歳以下の年少人口
  14.0%を上回っています。

イ、間違い。沖縄県だけは老年人口を年少人口が上回っています。

ウ、間違い。高齢化の進行により、死亡率は上がっています。

エ、間違い。男性の平均寿命は78.36歳で、女性は85.33歳となってい
  ます。

オ、老年人口全体の4割が、75歳以上の後期老年人口です。

------------------------------------------------------------------
◆発刊人 藤井孝夫

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/295

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2011年7月12日 08:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「聴覚障害者の介護について」です。

次のブログ記事は「視野障害について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。