精神障害について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 精神障害について、正しいものを選びなさい

ア、アルコール依存症の人が飲酒を中止して身体からアルコールが抜ける
  と、せん妄や痙攣発作などの症状が治まる。

イ、仮性うつというのは、老年期の鬱病で認知症の症状が見られることを
  指す。

ウ、鬱病がアルコール依存症の治療経過中に現れることはない。

エ、統合失調症の主な症状として、幻覚や幻聴があったり、感情が鈍くな
  ったり、妄想や自閉症気味になったりすることが挙げられる。


■ 解答 エ

■ 解説

ア、間違い。アルコール依存症の人が飲酒を中止すると、せん妄や痙攣
  発作などの禁断症状が起きるケースがあります。

イ、間違い。老年期の鬱病で認知症の症状が見られることを、仮性痴呆と
  言います。これは鬱病が軽快するにつれて消失します。

ウ、間違い。鬱病がアルコール依存症の治療経過中に現れることは少なく
  ありません。

エ、正しい。統合失調症の主な症状として、幻覚や幻聴があったり、感情
  が鈍くなったり、妄想や自閉症気味になったりすることがあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/278

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2011年2月14日 22:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「認知症高齢者に対する接し方」です。

次のブログ記事は「聴覚障害について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。