認知症高齢者に対する接し方

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 認知症高齢者に対する接し方で正しいものを選びなさい

ア、認知症高齢者は丁寧に説明しなければ内容を理解できないので、十分に
  時間をかけて詳しく話してあげる。

イ、認知症高齢者もその人の生活リズムで動いているので、なるべく放って
  おく方がいい。

ウ、認知症高齢者が服装に気を遣わなくなっても、介護者が身だしなみを
  整えてあげるような配慮が必要である。

エ、居室を頻繁に変えるなど環境に変化を与えると、それが刺激になって
  認知症の進行を防ぐことができる。


■ 解答 ウ

■ 解説

ア、間違い。認知症高齢者の場合、時間をかけて説明すると、かえって理解
  しにくいことがあります。説明は簡潔に分かりやすく、が原則です。

イ、間違い。放っておくのではなく、常に見守っていくことが大切です。

ウ、正しい。認知症高齢者が服装に気を遣わなくなっても、介護者が身だし
  なみを整えてあげ、人格を尊重するような配慮が必要です。

エ、間違い。急激に環境を変えると、認知症高齢者はその変化についていけ
  ず、問題行動を起こしたり症状を悪化させたりするので避けるべきです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/274

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2011年2月 3日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「医療、健康について」です。

次のブログ記事は「精神障害について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。