2010年10月アーカイブ

■ 問題 寝たきり高齢者の介護について、間違っているものを選びなさい

ア、在宅介護においては家族介護者が全てを背負い込まないよう注意しなけ
  ればならない。

イ、介護保険制度などの社会資源を活用して介護の負担を軽減することが
  大切である。

ウ、寝たきり高齢者は身体を動かすことが大変なので、介護者が小さなこと
  までできるだけ介護し、高齢者が動かなくていいよう心がける
  
エ、寝たきり高齢者は消化吸収機能が低下しているので、消化のよい物や
  食物繊維を多く含む物を献立にバランスよく取り入れるよう心がける。

■ 問題 脊髄損傷者の介護について間違っているものを選びなさい

ア、福祉用具を使用したとしても、重度の脊髄損傷者はADLの拡大や
  QOLを向上させることはできない

イ、体温調節が正常に行えなくなる頸髄などの高位の損傷では、室温の
  調節が暑い季節などでは気をつけなければならない。

ウ、車椅子の使用時に起立性低血圧が起きた場合の対処法は、車椅子を
  後ろに傾けて利用者の脳と心臓を同じ高さにする。

エ、腰髄より上部の損傷では尿意や便意が感じられなくなるので、排尿
  間隔に注意して尿路感染症が起きないよう心がける。

mt:Ignore>

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。