2010年9月アーカイブ

■ 問題 視覚障害の原因となる疾患について間違っているものを選べ

ア、網膜色素変性症では少しずつ求心性視野狭窄が起こり、失明になる。

イ、緑内障は失明の原因になることもある疾患で、眼内圧亢進によって
  視機能が障害を受ける。

ウ、失明原因の第一位は糖尿病性網膜症で、高齢者に多く見られるのが
  急性型である。

エ、網膜色素変性症は視野の変化や夜盲が起きる疾患で、これは遺伝性
  素因によって引き起こされる。

■ 問題 膀胱・直腸機能障害者の介護について正しいものはどれか。

A、パウチを交換する時には古いパウチをはがした直後に新しいパウチを
  装着することで、感染予防ができる。

B、腸内圧の方が風呂の水圧より高いので、消化器ストーマの場合はパウチ
  を外しても湯が入る心配はない。

C、ストーマに必要な装具は自助具として身体障害者福祉法で交付される。

D、留置カテーテルを設置している場合には、膀胱の位置よりも蓄尿袋が
  高くなるようにする必要がある。

E、消化吸収が妨げられる結腸ストーマの場合は、貧血や栄養不足に気を
  つけなければならない。

mt:Ignore>

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。