認知症高齢者への対応

| コメント(0) | トラックバック(0)

■問題 認知症高齢者への対応で間違っているものを2つ選べ

1、認知症によって自立した日常生活を送ることは困難になるものの、
  可能な限り自立した生活が送れるよう支援することが重要である。

2、認知症高齢者は社会適応能力が低下しているので、環境に関して
  それほど注意を払う必要はない。

3、認知症高齢者が間違った行動を取った場合には、必ず誤りを訂正し
  てあげなければならない。

4、認知症になると健康管理を行うことが難しくなるため、周囲の者が
  健康管理に注意を払ってあげる必要がある。


■解答 2、3

■解説
1、正しい。認知症になったとしても、残された自立性や残存機能を支援
  していくことが必要である。

2、間違い。認知症高齢者は社会適応能力が低下しているので、環境に関
  して安全で安定したものが要求される。

3、間違い。認知症によって誤った言動を取ってしまった場合、それを否
  定すると本人の興奮や混乱を招く恐れがあるので気をつける。

4、正しい。認知症になると健康管理を行うことが難しくなるため、周囲
  の者が健康管理に注意を払ってあげる必要がある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/249

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2010年5月28日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関連援助技術について」です。

次のブログ記事は「寝たきり高齢者の健康管理について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。