関連援助技術について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■問題 関連援助技術について、間違っているものはどれか。

A、カウンセリングは要援助者個人だけでなく、家族に対しても実施される。

B、カウンセリングとは、精神療法として実施される心理療法のことである。

C、社会的支援のネットワークを構築・活性化させ、援助活動を行っていく
  ことをソーシャル・サポート・ネットワークという。

D、外部の専門家から指導や援助を受けることをコンサルテーションという。


■解答 B

■解説
A、正しい。ファミリー・カウンセリングやグループ・カウンセリングなど
  も近年は実施されるようになっています。

B、間違い。カウンセリングは言語的・非言語的コミュニケーションを用い
  て自己実現の可能性を引き出すもので、心理療法とは異なる。

C、正しい。社会的支援のネットワークを構築・活性化させ、援助活動を行
  っていくことをソーシャル・サポート・ネットワークと言います。

D、正しい。医師や弁護士などの専門家に相談することをコンサルテーション
  と言います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/248

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2010年5月15日 20:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知覚障害者の介護」です。

次のブログ記事は「認知症高齢者への対応」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。