2010年5月アーカイブ

■問題 認知症高齢者への対応で間違っているものを2つ選べ

1、認知症によって自立した日常生活を送ることは困難になるものの、
  可能な限り自立した生活が送れるよう支援することが重要である。

2、認知症高齢者は社会適応能力が低下しているので、環境に関して
  それほど注意を払う必要はない。

3、認知症高齢者が間違った行動を取った場合には、必ず誤りを訂正し
  てあげなければならない。

4、認知症になると健康管理を行うことが難しくなるため、周囲の者が
  健康管理に注意を払ってあげる必要がある。

■問題 関連援助技術について、間違っているものはどれか。

A、カウンセリングは要援助者個人だけでなく、家族に対しても実施される。

B、カウンセリングとは、精神療法として実施される心理療法のことである。

C、社会的支援のネットワークを構築・活性化させ、援助活動を行っていく
  ことをソーシャル・サポート・ネットワークという。

D、外部の専門家から指導や援助を受けることをコンサルテーションという。

mt:Ignore>

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。