誤嚥について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 誤嚥について間違っているものを選びなさい。

ア、嚥下しやすくするようには、寝たきりの場合でも食事の際にはできる
  だけ座るように心がける。

イ、唾液の分泌量の減少や、嚥下機能の低下、喉頭蓋の反射が鈍くなるな
  どの原因によって誤嚥が起きると言われている。

ウ、誤嚥しにくい食べ物としては、こんにゃくやケーキなどがあります。

エ、誤嚥を防ぐためには、食事は柔らかくなるまで煮込んだり、材料を小
  さく切るなどの配慮が必要となる。


■ 解答 ウ

■ 解説

ア、正しい。誤嚥を防ぐためには、できるだけ座って食事を取るようにし
  た方がいいです。

イ、正しい。誤嚥が起きる原因として、唾液の分泌量の減少や、嚥下機能
  の低下、喉頭蓋の反射の鈍化などが挙げられます。

ウ、間違い。粘着しやすい食品、練り食品、スポンジ状の食品などは喉に
  詰まりやすいので注意が必要です。

エ、正しい。誤嚥を防ぐためには、食事は柔らかくなるまで煮込んだり、
  材料を小さく切ったりするといいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/245

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2010年3月17日 17:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薬物を使用する際に気をつけること」です。

次のブログ記事は「認知症高齢者の問題行動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。