薬物を使用する際に気をつけること

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 薬物を使用する際に気をつけることで正しいものはどれか。

ア、薬を服用する際に水ではなく、お茶やジュースで飲んでも構わない。

イ、薬を飲む際の水の量は、コップ一杯程度が望ましい。

ウ、食間薬は食事の最中に飲むものである。

エ、複数の点眼薬を使う場合は、間隔をあけずに続けて点眼する方がいい。


■ 解答 イ

■ 解説

ア、間違い。お茶やジュースで薬を飲むと、薬の吸収が悪くなって薬の効果
  が減少してしまいます。水かぬるま湯で服用するようにしましょう。

イ、正しい。水の量が少ないと、薬が喉に残って潰瘍が生じることがありま
  す。また薬が十分に体内に吸収されない可能性もあります。

ウ、間違い。食間薬は食事の時間に飲むものではなく、食事と食事の間に飲
  みます。食後2時間ぐらいが一つの目安です。

エ、間違い。間をあけずに続けて点眼するのは、望ましくありません。複数
  の点眼薬を使用する際は、最低でも5分は間をあけるようにしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/244

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2010年3月10日 08:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「危篤時における身体的な変化について」です。

次のブログ記事は「誤嚥について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。