2010年2月アーカイブ

■ 問題 危篤時における身体的な変化について間違っているものはどれか。

ア、危篤状態になると爪の色や唇の赤みが薄れていき、皮膚も青白くなる。

イ、危篤状態になると下あごを下方に動かす下顎呼吸や、小鼻が動く鼻翼
  呼吸が見られるようになって、少しずつ無呼吸になっていく。

ウ、脈拍は頻脈になって少しずつ弱くなり、不規則なリズムになる。

エ、危篤状態になると、必ず意識レベルは少しずつ低下していく。

■ 問題 入浴の効果について正しいものを2つ選びなさい

A、全身が温まらない部分浴では、入浴してもその効果は低い。

B、リラックス効果を得ることができる微温浴は、大体37~39度の
  温度が適切と言われている。

C、入浴では疲れを取ることはできないが、全身の血行を促進する効果
  と身体を清潔にする効果がある。

D、入浴をすると胃腸の活動が一時的に低下すると言われている。

E、全身浴では心臓に大きな負担がかかるが、半身浴の場合は心臓への
  負担を軽減することができる。

mt:Ignore>

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。