緊急時の対応について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 緊急時の対応について正しいものを選びなさい

ア、やけどをした場合、2度程度ならわざわざ医者に診せる必要はない。

イ、食事中に利用者が急に咳き込んだり、黙り込んだりした場合は、誤嚥
  の疑いがあるので背中を軽く叩いてあげるなどする。

ウ、もし利用者が呼吸困難を起こした時には、仰臥位にして対応する。

エ、利用者が転倒した後、足を引きずっていたが、特に痛みを訴えなかっ
  た場合は医師の診察を受ける必要はなく様子を見るだけでよい。


■ 解答 イ

■ 解説

ア、間違い。2度以下のやけどでも広範囲のやけどなら医者に診せる必要
  があります。また2度以上の場合も医者の診察を受けてください。

イ、正しい。食事中に利用者が急に咳き込んだり、黙り込んだりした場合
  は、誤嚥の疑いがあるので背中を軽く叩いてあげるなどします。

ウ、間違い。もし利用者が呼吸困難を起こした時には、起座位にすると
  横隔膜が下がって呼吸が楽になります。

エ、間違い。足を引きずっている場合は医師に診せましょう。捻挫や骨折
  をしていても利用者が痛みを訴えないことがあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/241

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2010年1月 7日 16:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「排泄介助について」です。

次のブログ記事は「入浴の効果について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。