車いすにおける外出時の介助

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 車いすにおける外出時の介助で間違っているものはどれか。

ア、電車の中ではブレーキをかけておいて、車椅子が勝手に動き出さない
  よう安全対策を行っておく。

イ、エスカレーターの中では、電車同様、車椅子が勝手に動き出さないよ
  うブレーキをかけて安全対策を行っておく。

ウ、車に乗る場合には車いすをドアに対して約30度の角度をつけ、ブレ
  ーキをかけて利用者を座席に座らせる。

エ、電車から降りる際の方法として、車いすを後ろ向きにして後輪を少し
  上げ、ゆっくりとホームに下ろすようにする。


■ 解答 イ

■ 解説

ア、正しい。電車に乗った際には必ずブレーキをかけておき、車いすが
  勝手に動き出して事故が起こらないようにします。

イ、間違い。エスカレーターの中では車いすのブレーキはかけずにすぐ
  に発進できるようにしておく。

ウ、正しい。車に乗る場合には車いすをドアに対して約30度の角度をつ
  け、ブレーキをかけて利用者を座席に座らせるようにします。

エ、正しい。電車から降りる際には車いすを後ろ向きにして後輪を少し上
  げ、ゆっくりとホームに下ろすようにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/238

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2009年12月10日 22:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車いすにおける外出時の介助」です。

次のブログ記事は「車いすにおける外出時の介助」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。