罨法(あんぽう)について正しいものを選びなさい

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 罨法(あんぽう)について正しいものを選びなさい

ア、利用者が吐血した際には、できるだけ早く腹部を暖めることで出血を
  止めることができる。

イ、冷湿布剤は皮膚に掻痒感や発疹、発赤などを生じる場合がある。

ウ、カイロは低温なので、何時間使ってもやけどする恐れがないので安心
  して使用することができる。

エ、片麻痺の人が湯たんぽを使用する際には、患側の方にカバーなどで
  覆った湯たんぽを置くように心がける。


■ 解答 イ

■ 解説

ア、間違い。吐血があった場合には胃部を氷嚢などで冷やす。すると血管
  が収縮して出血が早く止まります。

イ、正しい。冷湿布剤は皮膚に掻痒感や発疹、発赤などを生じる場合があ
  るので注意が必要です。

ウ、間違い。たとえ低温でも皮膚に直接長い時間当てていると、低温やけ
  どを起こす危険があるので注意が必要です。

エ、間違い。患側の方に湯たんぽを置くと熱さを感じないので、やけどす
  る恐れがあるので危険です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/228

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2009年11月11日 16:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「杖の利用について」です。

次のブログ記事は「居住空間を改善する際の注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。