医療機関で初めて受診する際の介護者の役割

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 利用者が医療機関で初めて受診する際の介護者の役割について
     間違っているものを選びなさい。

ア、医師から説明される生活上の注意点や薬の飲み方を介護者は十分に
  理解すると共に、利用者がきちんと理解しているか確認しておくこ
  とも忘れてはならない。

イ、初めての受診では利用者がリラックスできるよう着慣れた服を着用
  し、履き慣れた靴を履くようにした方がいい。

ウ、医師に正確に伝えるため、過去の病歴などが分かるようメモを取って
  おき、服用している薬があれば持参するようにする。

エ、診察の際の医師との受け答えは、プライバシーに関わることもあるの
  利用者が全て行い、介護者は口出しすべきではない。


■ 解答 エ

■ 解説

ア、正しい。介護者は医師の説明で重要なことをきちんとメモし、同時に
  利用者がどの程度理解しているかを確認します。

イ、正しい。初めての受診では利用者がリラックスできるよう着慣れた服
  を着用し、履き慣れた靴を履くようにした方がいいです。

ウ、正しい。医師に正確に伝えるため、過去の病歴などが分かるようメモ
  を取っておき、服用している薬があれば持参するようにします。

エ、間違い。医師との受け答えは、なるべく利用者本人が行うようにしま
  す。しかし不足していることなどは、利用者の気持ちに配慮しながら
  介護者が説明を補足するようにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/224

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2009年10月14日 15:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食事の介助について」です。

次のブログ記事は「片麻痺の利用者が外出する際の介助」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。