衣服の着脱について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 衣服の着脱について間違っているものを2つ選びなさい

ア、基本的に着替えは素早く行うことが大切なので、汗をかいていたり、
  身体が汚れていても、そのまま着替えを行うようにする。

イ、冬場の時期は、介助者の手や衣服を温めておいてから、着替えの介助
  を行うなどの配慮も必要である。

ウ、利用者にケガや麻痺がある場合の着脱方法の基本は、健側から脱がせ
  て患側から着せることである。

エ、利用者が寝たきりの場合は、褥瘡にならないよう衣服にシワやたるみ
  を作って皮膚を刺激しないよう心がける。


■ 解答 ア、エ

■ 解説

ア、間違い。素早く着替えを行うことは大切ですが、汗をかいていたり
  身体が汚れている場合は清拭を行うことを忘れずに。

イ、正しい。冬場の時期は、介助者の手や衣服を温めておいてから、着替
  えの介助を行うと、利用者も冷たい思いをせずに済みます。

ウ、正しい。ケガや麻痺がある利用者の着脱を行う場合、健側から脱がせ
  て患側から着せることが基本です。

エ、間違い。衣服のシワやたるみが褥瘡の原因となるので、利用者が寝た
  きりの場合は衣服にシワやたるみを作らないよう注意します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/222

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2009年10月 1日 17:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「居住環境を整備」です。

次のブログ記事は「食事の介助について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。