寝具や衣類の衛生管理について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 寝具や衣類の衛生管理について間違っているものはどれか。

ア、例え破棄した方がいいと思われる衣類でも、必ず利用者の意思を確認
  してから破棄するようにする。

イ、洗濯を行う場合、アレルギー体質や皮膚の弱い利用者においては柔軟
  剤の使用を避けるなどの注意も必要である。

ウ、シーツの交換をする際、窓を閉めて室内の温度が下がらないよう注意
  することが大切である。

エ、疥癬の感染拡大を防ぐ方法として、衣類や寝具類を日光消毒してヒゼ
  ンダニを殺し、室内の清掃や消毒を行うことも大切である。


■ 解答 ウ

■ 解説

ア、正しい。介護者の判断で勝手に物を捨てるのは禁止。利用者にとって
  は非常に大切なものである場合もあります。

イ、正しい。洗濯を行う場合、アレルギー体質や皮膚の弱い利用者におい
  ては柔軟剤の使用を避けるなどの注意も必要になります。

ウ、間違い。ほこりが立つのでシーツを交換する際には、窓を開けて素早
  く行うようにします。

エ、正しい。疥癬はヒゼンダニが原因なので、衣類や寝具類を日光消毒す
  ることが感染拡大を予防するのに効果的です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/218

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2009年9月 3日 12:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「失禁について」です。

次のブログ記事は「歩行における介助について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。