介護のコミュニケーションについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 介護のコミュニケーションについて正しいもの2つを選びなさい。

ア、介護のコミュニケーションは、介護者と利用者の双方のメッセージを
  やり取りすることが大切で、一方向的な意思の伝達では意味がない。

イ、テレビや新聞を媒体にした伝達方法をパーソナルコミュニケーション
  と呼ぶ。

ウ、介護者と利用者でコミュニケーションを取る場合、物理的な要因が
  障害となることはないが、心理的・身体的要因が障害となる場合が
  ある。

エ、よりよい介護を提供するためには、パーソナルコミュニケーションを
  成立させ、介護者と利用者の意思の疎通を図ることが大切である。


■ 解答 ア


■ 解説

ア、正しい。介護のコミュニケーションは、一方向の伝達ではなく、介護者
  と利用者の双方のメッセージをやり取りすることが大切です。

イ、間違い。パーソナルコミュニケーションは個人間で行われるもので、
  テレビや新聞を利用するものはマスコミュニケーションと言います。

ウ、間違い。介護者と利用者でコミュニケーションを取る場合、身体的・
  心理的要因だけでなく、騒音などの物理的要因が障害となることがあ
  あります。

エ、正しい。パーソナルコミュニケーションを成立させ、介護者と利用者
  の意思の疎通を図ることが、よりよい介護の提供につながります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/210

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2009年7月 8日 18:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「介護記録の目的について」です。

次のブログ記事は「介護利用者の観察について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。