福祉用具について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 福祉用具について正しいものを選びなさい。

ア、福祉用具を導入する際には、アフターサービスやメンテナンスについて
  確認しておけば利用者に適しているか事前に試用してみる必要はない。

イ、福祉用具を導入すれば利用者の日常生活における自立度が高まるものの、
  家族の介護における負担度は変化するわけではない。

ウ、手すりと設置したため車椅子が通れなくなることもあるので、福祉用具
  を複数導入する際には、それぞれの用具が十分に性能を発揮できるよう
  注意して導入しなければならない。

エ、福祉用具を導入する際には、利用者の利便性だけを考慮すればよい。


■ 解答 ウ

■ 解説

ア、間違い。福祉用具を導入する際には、アフターサービスやメンテナンス
  について確認するだけでなく、その用具が利用者に適しているか導入前
  に試用してみる必要があります。

イ、間違い。福祉用具を導入すれば利用者の日常生活における自立度が高く
  なるため、家族の負担は軽くなります。

ウ、正しい。無闇に福祉用具を導入すればいいと言うものではありません。
  手すりをつけたため車椅子が通れなくなるなどの問題が起こらないよう
  複数の福祉用具を導入する際には注意が必要です。

エ、間違い。利用者の利便性だけでなく、居住環境の条件も考慮します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/208

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2009年6月24日 17:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「入浴介助について」です。

次のブログ記事は「介護記録の目的について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。