医療について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 医療について次の中から正しいものを選びなさい

ア、看護職と介護職が連携して利用者の療養の世話を行うことは、非効率
  的なので、どちらか一方に任せることが望ましい。

イ、社会福祉士及び介護福祉士法において、医療関係者と介護福祉士の
  連携が必要であると記述されている。

ウ、利用者にとって、老人クラブやボランティアなどは、生活上絶対に
  必要であるとは言い切れないので社会資源には含まれない。

エ、痰の吸引は医療行為であるため、ホームヘルパーがこれを行うこと
  はできない。


■ 解答 イ

■ 解説

ア、間違い。看護職と介護職がそれぞれ医療面・生活面から療養上の世話
  をすることが、効果的な援助になるので連携は重要です。

イ、正しい。社会福祉士及び介護福祉士は、その業務を行うに当たっては、
  医師その他の医療関係者との連携を保たなければならない(47条)。

ウ、間違い。老人クラブやボランティアは、地域で生活していく中で必要
  なネットワークなので、これは社会資源と言えます。

エ、間違い。痰の吸引は、これまでホームヘルパーが行うことはできませ
  んでしたが、現在は一定の条件を満たせば可能となっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/198

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2009年4月23日 08:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「介護福祉士の業務」です。

次のブログ記事は「介護者の健康管理について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。