2009年4月アーカイブ

■ 問題 介護者の健康管理について、間違っているものはどれか。

ア、精神面を健全に保つためにも、気分転換でストレスを解消することは
  大切である。

イ、介護者は手洗いやうがいをきちんと行うことで、利用者に感染させた
  り、利用者からの感染を予防するよう心がけなければならない。

ウ、生理機能リズムを乱す原因として、昼夜を問わない交代制の勤務が
  挙げられます。無理をせず、疲れをためないことが大切です。

エ、介護は心身の疲労とストレスをため、食欲の低下を招くこともあり
  ます。そのため薬や栄養ドリンクで栄養補給しなければならない。

医療について

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 医療について次の中から正しいものを選びなさい

ア、看護職と介護職が連携して利用者の療養の世話を行うことは、非効率
  的なので、どちらか一方に任せることが望ましい。

イ、社会福祉士及び介護福祉士法において、医療関係者と介護福祉士の
  連携が必要であると記述されている。

ウ、利用者にとって、老人クラブやボランティアなどは、生活上絶対に
  必要であるとは言い切れないので社会資源には含まれない。

エ、痰の吸引は医療行為であるため、ホームヘルパーがこれを行うこと
  はできない。

■ 問題 介護福祉士の業務として間違っているものはどれか。

a、介護を行うにあたって、介護福祉士の資格は必要ない。

b、介護福祉士の仕事は、食事や衣服の着脱だけでなく、利用者の衛生
  状況の改善や精神的な苦痛を和らげるなどもある。

c、介護福祉士の業務は、身体上・精神上の障害があるため日常生活を
  送ることに支障がある人を対象としたものである。

d、介護福祉士の仕事は理学療法士や作業療法士とは全く異なるため、
  これらの人達とは連携を取らず完全に独立したものである。

■ 問題 次の中から日常生活行為の介護で正しいものを選べ。

ア、虫歯予防のために行う口腔ケアだけでは、飲食物が気管に誤って入る
  ことで起きる誤嚥性肺炎を予防することはできない。

イ、全身入浴できない利用者の場合、安全面を考慮して部分浴やシャワー
  浴を行うことも避ける方が好ましい。

ウ、プライベートな行為の一つである排泄は、利用者にとって羞恥心や
  抵抗感があるため、心理面からの援助も忘れてはならない。

エ、利用者が入浴中に特に異常な点がなければ、入浴後の健康状態にそれ
  ほど神経質になる必要はない。

■ 問題 次の中から介護福祉士の倫理について正しいものを選べ

A、利用者に関する情報を介護チームのメンバーで共有する際には、
  介護に関係のない情報もできるだけ提供し合うべきである。

B、法律によって、介護福祉士には秘密保持の義務があるものの、
  介護福祉士を辞めた者に関しては法による拘束は存在しない。

C、介護福祉士が秘密保持義務に違反した場合、法律によって登録の
  抹消もしくは一定期間の名称の使用禁止となる。

D、もし介護福祉士が信用失墜行為を行ったら、登録の抹消もしくは
  一定期間の名称の使用禁止が法律によって課せられることになる。

mt:Ignore>

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。