介護における連携、チームワーク

| コメント(0) | トラックバック(0)

■ 問題 介護における連携、チームワークで正しいものはどれか。

A、援助方針に関する連絡会議のことをケアカンファレンスと言い、
  これはそれぞれの職種別に行うことが原則である。

B、介護におけるサービスはそれぞれの専門職ごとで立場が異なるため、
  共通の目標が立てられない。だから個々の目標を立てる必要がある。

C、評価や記録は、次の新たな介護計画を立てる際に必要となる。その
  ため評価は、客観的な記録に基づいて、一連の介護計画の有効性を
  評価するものでなければならない。

D、口頭で情報を伝えることは簡便であるものの、聞き手の理解を確か
  めながら行えないという欠点がある。

E、利用者のニーズを満たすためには、各関連機関が自由に利用者に
  サービスを提供した方がいい。


■ 解答 C

■ 解説

A、間違い。ケアカンファレンスは、利用者の意思に応じた援助方針を
  決める会議で、援助に携わるメンバーが役割分担や連絡調整を行う。

B、間違い。サービスはそれぞれ異なっても、利用者のニーズを満たす
  という共通の目標を立ててそれに向かっていくことが大切です。

C、正しい。評価や記録は、次の新たな介護計画を立てる際に重要なもの
  となります。だから評価は客観的な記録に基づき、一連の介護計画の
  有効性を評価するものである必要があります。

D、間違い。口頭で情報を伝えることは、相手の理解を確かめながら行え、
  しかも簡便である。ただ記録に残らずその場限りになる欠点がある。

E、間違い。利用者に対して各関連機関が自由にサービスを提供すると、
  サービスの重複などが起こる。そのためお互いの連携が大切です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dreque.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/194

コメントする

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2009年3月25日 09:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「躁うつ病について」です。

次のブログ記事は「介護福祉士の倫理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。