高齢者の疾患について

■ 問題 高齢者の疾患について正しいものを選びなさい。

A、骨密度が減少して骨が脆くなる疾患を、骨粗しょう症という。

B、血液中の尿酸値が高くなる高尿酸血症は、血液の疾患に分類される。

C、うつ病はパーキンソン病などと同じ神経系の病気である。

D、代謝系疾患の一つである急性腎不全は、腎臓の働きが急激に衰えて
  しまう病気である。

E、中性脂肪や血液中のコレステロール値が高い高脂血症は、自覚症状
  の出にくい血液の疾患の一つである。


■ 解答 A

■ 解説
A、正しい。骨密度が減少して骨が脆くなる疾患を骨粗しょう症といい、
  高齢期の女性などが患いやすい疾患です。

B、間違い。血液中の尿酸値が高くなる高尿酸血症は、ホルモン代謝系の
  疾患に分類される病気です。

C、間違い。うつ病は精神障害で、パーキンソン病は神経系の疾患になり
  ます。神経系の疾患には脳血管障害なども含まれます。

D、間違い。腎臓の働きが急激に衰えてしまう急性腎不全は、泌尿器系の
  疾患です。

E、間違い。中性脂肪や血液中のコレステロール値が高い高脂血症は、
  ホルモン代謝系の疾患に分類される病気です。

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2008年11月27日 17:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自己免疫疾患について」です。

次のブログ記事は「日本の公衆衛生について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。