自己免疫疾患について

■ 問題 自己免疫疾患について正しいものを2つ選びなさい

ア、女性によく見られる関節リウマチでよく見られる症状は、朝起きた時
  などに関節が固くつっぱったような感じになることである。

イ、自己免疫疾患には多数の臓器に異常が現れるものと、一部の限られた
  臓器に異常が現れるものがあり、膠原病は後者の総称である。

ウ、赤血球沈降速度検査やRAテスト、CRPは関節リウマチを調べる
  有効な検査方法である。

エ、高齢者の女性がなりやすい全身性エリテマトーデスは、膠原病の一つ
  として知られている病気である。


■ 解答 ア、ウ

■ 解説
ア、正しい。関節リウマチは肩や膝、手首や足首などの関節が痛んだり、
  腫れたりし、関節が変形するといった症状が現れます。

イ、間違い。自己免疫疾患には多数の臓器に異常が現れるものと、一部の
  限られた臓器に異常が現れるものがありますが、膠原病は多数の臓器
  に異常が現れるものの総称になります。

ウ、正しい。赤血球沈降速度検査やRAテスト、CRPは関節リウマチを
  調べる有効な検査方法です。

エ、間違い。全身性エリテマトーデスは比較的若い女性の発症が多く、円
  形の紅斑やレイノー現象、蝶型紅斑などの症状がある。

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2008年11月20日 18:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高血圧について」です。

次のブログ記事は「高齢者の疾患について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。