高血圧について

■ 問題 高血圧について間違っているものを2つ選びなさい

ア、脳や神経疾患、腎臓疾患、妊娠中毒症など何らかの疾患が原因によっ
  て血圧が上昇するものを、二次性高血圧と呼ぶ。

イ、高血圧には二次性高血圧と本態性高血圧がありますが、通常、高血圧
  といった場合には二次性高血圧のことを意味する。

ウ、血圧が少しずつ上がる高血圧では、自覚症状が現れないものである。

エ、最高血圧が低くなって最低血圧が高くなるのは、加齢による高血圧
  で見られる特徴的な現象である。


■ 解答 イ、エ

■ 解説
ア、正しい。脳や神経疾患、腎臓疾患、妊娠中毒症など何らかの疾患に
  よって血圧が上昇するものを、二次性高血圧と言います。

イ、間違い。高血圧には疾病が原因でない本態性高血圧と、疾病が原因
  の二次性高血圧があり、一般的な高血圧とは本態性高血圧です。

ウ、正しい。血圧が少しずつ上がる高血圧では、自覚症状が現れません。
  急激に上昇すると、めまいや頭痛といったことが起きます。

エ、間違い。加齢による高血圧では、最高血圧が高くなって最低血圧が低
  くなるといった特徴があります。

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2008年11月13日 12:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本の保健医療について」です。

次のブログ記事は「自己免疫疾患について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。