日本の保健医療について

■ 問題 日本の保健医療について間違っているものはどれか。

ア、乳幼児突然死亡症候群の半減や週産期死亡率の世界最高水準の維持
  などを目標にしている計画を「健やか親子21」という。

イ、2003年に感染症法が改正により、重症急性呼吸器症候群(SARS)
  は一類感染症に分類されることとなった。

ウ、医療等以外の保険事業に関して、老人保健法ではその対象は60歳
  以上の全国民になっている。

エ、臓器の移植に関する法律で、臓器提供の意思を示した人が脳死になる
  と、肺や心臓、小腸、腎臓などの移植が認められるよう定めている。


■ 解答 ウ

■ 解説
ア、正しい。「健やか親子21」は乳幼児突然死亡症候群の半減や週産期
  死亡率の世界最高水準の維持などを目標にしている計画です。

イ、正しい。感染症法の正式名称は、「感染症の予防及び感染症の患者に
  対する医療に関する法律」と言います。

ウ、間違い。医療等以外の保険事業に関して、老人保健法ではその対象は
  40歳以上の全国民になっています。

エ、正しい。臓器提供の意思を示した人が脳死になると、肺や心臓、腎臓
  などの移植が、臓器の移植に関する法律で認められています。

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2008年11月 6日 12:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「染色体異常による疾患」です。

次のブログ記事は「高血圧について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。