国民年金制度について

■問題 国民年金制度について間違っているものはどれか。

A、老齢基礎年金の支給要件となる受給資格期間は、
  25年以上となっている。

B、経済上の理由から生活保護法による生活扶助を受けている
  被保険者は、第1号被保険者の保険料の法定免除がある。

C、国民保険の被保険者で、自営業者は第1号被保険者である。

D、障害基礎年金の支給条件として、障害の状態が障害認定日に
  おいて障害程度等級表の1級・2級に該当する必要がある。

E、国民年金の強制加入被保険者の第2号被保険者の場合、
  保険料は被保険者の標準報酬月額と標準賞与額に保険料を
  乗じた額を折半で労使が負担することになっている。

■解答 D

■解説
A、正しい。老齢基礎年金の支給要件となる受給資格期間は、
  25年以上で、支給開始年齢は65歳となっています。

B、正しい。る生活扶助を受けている第1号被保険者の場合、
  保険料を免除してもらえる制度があります。

C、正しい。第1号被保険者......農業者、自営業者
      第2号被保険者......公務員、民間被用者
      第3号被保険者......公務員や民間被用者の配偶者

D、間違い。障害基礎年金の支給要件の一つは、「国民年金法」
  で定められた障害程度1級・2級に該当する必要がある。

E、正しい。第2号被保険者の場合、保険料は被保険者の
  標準報酬月額と標準賞与額に保険料を乗じた額を折半
  で労使が負担することになっている。

mt:Ignore>

このブログ記事について

このページは、ochiが2008年10月28日 08:01に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「染色体異常による疾患」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。